仮想通貨ウォレットの種類って何がある?それぞれのメリット・デメリットは?

仮想通貨のウォレットの種類を徹底解説

仮想通貨について調べると必ず出てくる単語、「ウォレット」。
ウォレットは、入手した仮想通貨を保管・管理するサービスです。
私たちは自分たちの現金を財布に保管して管理しますよね?
仮想通貨も同じように 財布=ウォレット で管理するのが基本です。

仮想通貨は自分で保管・管理するもの!

仮想通貨は、中央集権ではない新しい仕組みをもたらすものとして開発されました。
その為、一つの組織が管理するのではなく、関わる人が皆「管理者」なのです。
「自分のものは自分で管理する」のが当たり前
仮想通貨の取引所はあくまでも、取引するための場を提供しているサービスであり
自分のお金を預けておく「口座」というイメージはなくした方が良いでしょう。
確かに、取引所には自分の資産を管理できる「機能」が備わっていますが、
自分の資産を「安全に保管できる場所ではない」という点は意識しましょう。

仮想通貨を取引所に預けっぱなしは、おすすめできません。

取引所には不特定多数の、そして無数のアカウントが存在しています。
その一つ一つのアカウントには、仮想通貨の保有データがあります。
そしてそれが、インターネット上にあるわけですから、悪意を持った人
(ハッカー等)が取引所を狙うのは、ある意味、当然のことと言えます。

その為、なるべくオフラインの状況で、そして自分の管理下で仮想通貨を
保管しておくことが、資産を守るためのキーポイントとなります。

仮想通貨のウォレットには「種類」があります

仮想通貨のウォレットには種類が存在します。
その種類の大きな違いは、『保管する場所(端末)が何か?』という点です。
ウォレットの種類は大きく分けて下記の4種類。

①ウェブ上に保管するウェブウォレット
②PCや携帯に保管するローカルウォレット
③USBのような専用端末に保管するハードウォレット
④紙に印刷して保管するペーパーウォレット

では、この保管方法の違いによる、それぞれのメリット・デメリットを整理しましょう。

ウェブウォレット=ウェブ上に保管するウォレット

仮想通貨ウォレットを徹底解説┃ウェブウォレットの特徴

「ウェブウォレット」は、名前の通りウェブ上に仮想通貨を保管します。
ウェブウォレットのサービスを提供するサイトで会員登録をして、
ウェブ上にある自分のアカウント内で仮想通貨を保管・管理することができます。

ウェブウォレットのメリット

ウェブウォレットはウェブ上に仮想通貨を保管しているわけですから、
自分のアカウントにアクセスできる環境さえあれば、どこからでも管理可能です。
例えば、自分のスマホやPCからはもちろんのこと、会社のPCからアクセスすることも可能。
言ってしまえばインターネットカフェでも良いわけです。
インターネットさえ繋がれば、場所や端末を選ばず、自分の資産を管理できるという点が
ウェブウォレットを使うときの、最も分かりやすいメリットでしょう。
携帯やPCが壊れても、インターネットにアクセスできる環境さえ整えばOKですね。

ウェブウォレットのデメリット

利便性に関しては文句のつけようがないウェブウォレットですが、
最大のデメリットは、やはり「セキュリティ」でしょう。
場所や端末を選ばずアクセスできる=誰でも簡単にアクセスできる。ということ。
つまり、ハッキングなどの対象になりやすいという点は意識しましょう。
この点は、取引所に仮想通貨を置いておく状況とよく似ています。
どんなにセキュリティ対策をしっかりしている!と言っても、
ハッキング等の可能性が100%なくなる保証はどこにもありません。
こういったウェブウォレットの特性を理解して利用しましょう。

ウェブウォレットサービスの一例

BLOCKCHAINウォレット
coinbaseウォレット

ローカルウォレット=PCや携帯に保管するウォレット

仮想通貨ウォレットを徹底解説┃ローカルウォレットの特徴

ローカルウォレットとは、仮想通貨を保有・管理するためのデータを
PCやスマホに保存させるという形のものです。
PCで保管・管理するものを「デスクトップウォレット」
スマホで保管・管理するものを「モバイルウォレット」とも呼ばれています。
多くの場合、ローカルウォレットのサービスを提供する会社は、
PC用とスマホ用の両方のサービスを提供していることが多いため、
利用者それぞれが、使い勝手の良い方を選ぶことができます。
PCにインストールしたソフトとスマホにインストールしたアプリ同士を
同期させる機能をもったものもあります。

ローカルウォレットのメリット

利便性とセキュリティの両方をバランスよく持っているウォレットと言えます。
基本的に、スマホは肌身離さず持っているものですし、常にインターネットに
繋ぐことができる状態です。
その為、ローカル環境(ウェブに繋がっていない状態)で保管・管理をしながら
利用したいときは、すぐに利用できるというメリットがありますね。
初心者の方には、まずはローカルウォレット(特にモバイルウォレット)がおすすめ。
アプリをインストールし、初期設定をしてしまえば、すぐに利用できます。

ローカルウォレットのデメリット

ローカルウォレットのデメリットとしては、その端末でないと操作できないという点。
仮想通貨のデータ自体は、その端末(PCやスマホ)に保管しているわけですから、
手元にそのPCやスマホがない場合は、持っている通貨を操作することはできません。
また、そのPCやスマホを失くしたり、壊れた場合は、データの復元作業が必要。
スマホの機種変更をした場合、携帯ショップで行ってくれるような、
連絡先・画像・音楽データの移行作業では、仮想通貨データは復元できません。
その為、最初の初期設定におけるバックアップ設定が重要ポイントとなります。

ローカルウォレットサービスの一例

・copay(コーペイ)【PC】【iOS】【Android
・bread(ブレード)【iOS】【Android
electrum(エレクトラム)

ハードウェアウォレット=専用端末に保管するウォレット

仮想通貨ウォレットを徹底解説┃ハードウェアウォレットの特徴

ハードウォレットはUSBのような専用端末に保管するウォレットです。
仮想通貨の保有・管理するためのデータを専用端末に保管します。
初期設定や送金などの操作を行うときだけPCに接続します。
普段は、完全にローカル環境(ウェブに繋がっていない状態)での保管となります。

ハードウェアウォレットのメリット

セキュリティ上の観点からすると、最もおすすめできるウォレットになります。
仮想通貨を長期的に管理したい場合は、必須のウォレットかと思います。
初期設定さえしてしまえば、PCに繋げるだけで、送金等の操作が可能。
また、いろんな種類の仮想通貨が管理できるという点も特徴的です。
ウォレットのほとんどは、ビットコイン専用、イーサリアム専用といった
特定の仮想通貨専用のものが多い中、ハードウォレットの場合は、複数の
仮想通貨が保管できる仕様になっていることがほとんどです。
どの仮想通貨を管理できるかどうかは、購入前に確認しましょう。

ハードウェアウォレットのデメリット

ハードウェアウォレットのデメリットとしては、他のウォレットと比較すると
利便性が低くなるという点です。
送金や残高の確認がしたいときは、専用端末をPCと接続する必要があります。
また、端末自体は高価なものになる為、購入費用(2万円前後)がかかります。
端末自体を失くしたり、壊れたりするリスクもありますので、その度に、
同じ端末を購入する必要が出てきます。
端末が壊れたりした場合は、初期設定の時に記載したバックアップフレーズを
新しく購入した端末に設定すれば、データ自体は復元が可能です。

ハードウェアウォレットサービスの一例

TREZOR(トレザー)
LedgerWallet(レジャーウォレット)

ペーパーウォレット=紙に印刷して保管するウォレット

仮想通貨ウォレットを徹底解説┃ペーパーウォレットの特徴
仮想通貨を保管・管理する為のデータを紙に印刷し保管するウォレットです。
ペーパーウォレットを発行するためのサイトやサービスがあるので、
そこで自分のアドレスや秘密鍵(管理するためのカギ)を発行します。
発行したアドレスや秘密鍵を印刷(もしくはメモ)しておき、そのアドレスに
仮想通貨を送ることで、ペーパーウォレットに資産を移すことができます。
保管しているデータは、特定の方法に基づいて他のウォレットに移すことが可能。
長期的に仮想通貨を保管したいときに活用すると良いでしょう。

ペーパーウォレットのメリット

ペーパーウォレットを発行した時に、サイト上で出てくるアドレスや秘密鍵を
完全なローカル環境(ウェブに繋がっていない状態)で管理できます。
その為、ハッキング等のセキュリティー上は最高レベルとなります。
またウォレットを作成するための費用は、印刷にかかる費用だけで済みます。

ペーパーウォレットのデメリット

印刷した紙自体がウォレットを管理するための全データになりますので、
その紙を失くしたり、燃やしたりした場合は、資産を取り出せなくなります。
印刷した紙やメモしたものをどのように管理するかはしっかり考えましょう。

ペーパーウォレットサービスの一例

bitaddress.org ・・・ ビットコインのペーパーウォレット
Ripple Paper Wallet Generator ・・・ リップルのペーパーウォレット

仮想通貨ウォレットの種類を理解し、自分にあったものを選ぼう

仮想通貨ウォレットは種類によって、メリット・デメリットが異なります。
単純に比較して「これが1番!」というものではなく、ご自身の使い方や
セキュリティ・利便性など何を重要視するかによっても選び方が変わります。
それぞれの特徴を理解し、自分にあったウォレットを選びましょう。

保管方法をしっかりと考えた上で、仮想通貨を購入してみましょう。
どの取引所で購入するか迷っている方は、おすすめランキングをチェック!