仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash)の特徴は?対応ウォレットや取引所を紹介!

仮想通貨ジーキャッシュ(zcash)の特徴と将来性について

仮想通貨 ジーキャッシュ(Zcash,ZEC)は、モネロ(XMR)、ダッシュ(DASH)と同様「高い匿名性」をもつ仮想通貨のひとつです。
取引に含まれる個人情報を公開することなくやり取りが可能です。
ジーキャッシュ(Zcash)は、『ゼロ知識証明』という技術が使われています。

特に、このジーキャッシュはICO時点では第2のビットコインと称され、その将来性に注目が集まっています。

ジーキャッシュの特性は非常に高い匿名性にあり

ジーキャッシュを説明する前に、ビットコインと比べてみましょう。
ビットコインは、「どこからどこに、どれくらいビットコインを送金したか」という
取引に関する情報は一般に公開されています。

それに対してジーキャッシュは、情報を公開せずに取引ができます。
ゼロ知識証明」というシステムを用いて、匿名性をつくりあげているのです。

ジーキャッシュ(Zcash)の『ゼロ知識証明』とは?

「ゼロ知識証明」をざっくり説明すると、
「秘密の内容は伝えずに、秘密を知っていることを証明する」という考え方です。
つまり、取引情報などの秘密の内容を一切表に出さずに、「秘密を知っている」
ということを証明することで、取引の信頼性を保つのです。

例えば、『パスワードを知っている』ということを相手が100%確信していれば、
パスワードを入力しなくても認証が可能という考え方です。

パスワードを入力しないということは、取引記録にも情報が残らないので、
パスワードを盗まれるリスクを減らすことができるわけです。
これにより、誰が、誰に、どのくらい仮想通貨を送金したのかを知られることなく
送金することが可能になったのです。

この技術は、取引の内容を完全に非公開にする技術です。
同じ匿名性の高い仮想通貨として、モネロ(XMR)、ダッシュ(DASH)がありますが
それらの取引情報の一部を非公開にすることにとどまっています。

ジーキャッシュ(Zcash)の今後は?その将来性について

ジーキャッシュは、ビットコインに次いで仮想通貨に革命を起こすと言われています。
よくビットコインと比較されるのは、ビットコインとの共通点が多いからでしょう。

  • 発行上限枚数が、2100万枚で同じ
  • 半減期が4年に1回あるという点も同じ
  • 取引を処理する方式(PoW)が同じ

こうした共通点に加えて、高い『匿名性』が加わることで注目を集めています。

あの大手銀行「JPモルガン」との提携が話題に

JPモルガンがジーキャッシュ(Zcash)との提携を発表

ジーキャッシュの匿名性を支える「ゼロ知識証明」の技術は高く評価されています。
世界的に有名な大手銀行のJPモルガンも自社のプラットフォームに応用させるため
ジーキャッシュと提携をするという発表はかなり話題になりました。
またその提携には、イーサリアムの開発者ヴィタリック・ブテリン氏も関わるとのこと。
ジーキャッシュの今後の発展に期待が高まっています。

ジーキャッシュ(ZEC)の価格は?1年で約10倍に成長

ジーキャッシュはその話題性からか、リリース直後には53万円を記録。
しかしこのバブルははじけ急落し、1ZEC=3,000円台まで急落します。
こうした歴史がありながらも、2018年2月末時点で1ZEC=40,000円前後。
1年前は4,000円ほどだったことを考えると、1年で10倍に成長しています。

注目のジーキャッシュ(ZEC)を取引所で購入しよう!

ジーキャッシュを取り扱っている日本国内の取引所は、コインチェックのみ。
そのコインチェックは、2018年初頭にハッキング事件を起こしたため
現在はジーキャッシュ(ZEC)の取引ができません。※2018年2月末時点
その為、日本国内の取引所ではジーキャッシュを購入できません。

ジーキャッシュ(ZEC)の購入は海外の取引所で

海外の取引所であれば、ジーキャッシュを購入することができます。
但し、基本的に日本円での入金ができませんので、まずは日本国内の取引所で
ビットコインを購入し、ビットコインを海外の取引所に送る必要があります。
まだ仮想通貨を持っていない方は、まず日本国内の取引所を開設しましょう。
⇒「日本国内の仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら

ビットコインがあれば、海外の仮想通貨取引所でジーキャッシュが買えます。
海外の仮想通貨取引所の中でもおすすめの取引所を紹介します。

●kraken ~クラーケン~ 
アメリカに本社を置く国外取引所ですが、金融庁の登録申請をしており、現在は「みなし業者」
サイトは日本語に対応しているので、日本国内の取引所と同じように利用できます。※日本円入金可能

ジーキャッシュ(ZEC)が購入できる仮想通貨取引所┃kraken~クラーケン~

●BINANCE ~バイナンス~ 
海外の仮想通貨取引所の中でも、日本語に対応しており取引手数料も低価格。
100種類以上の仮想通貨が取り扱われており、いろいろなアルトコインが欲しい方におすすめの取引所です!

海外の仮想通貨取引所おすすめNo1

ジーキャッシュを簡単に自宅でマイニングできる!

ジーキャッシュを『マイニング』という方法で入手することもできます。
「マイニング」はその仮想通貨で行われる取引が円滑に成立していくように、
システム維持を手助けした人に報酬が与えられるというものです。
ジーキャッシュはビットコインと同じ「PoW(Proof of Work)」方式なので
取引を承認するマシンを購入・レンタルしマイニングに参加できます。

MinerGateは簡単にマイニングができるツール

MinerGateを使うと、
難しい設定を特にすることがなく、自分のPCでマイニングをすることができます。
但し、マイニングは計算能力の競争のため、年々報酬がもらえなくなってきています。
マイニングに参加する際は性能の良いコンピュータが必要となります。
公式HP→https://minergate.com/

まずは登録が必要になります。
用意するものは登録用のメールアドレスとパスワードだけです。
そして、MinerGate.comにアクセスし、登録してみましょう。
⇒「MinerGateの詳細に関してはコチラ

ジーキャッシュ(Zcash)もクラウドマイニングできます!

現在、マイニング業界においては、「プールマイナー」と呼ばれる人たちがいます。
数千台、数万台のコンピュータを工場内で稼働させ、マイニング事業を行っている人たちです。
こういった工場を「マイニングプール」と呼んでいますが、そこに投資を行うことで、
配当が得られるという「クラウドマイニング」という方法があります。

 ●BitClub Network ~ビットクラブネットワーク~
2014年からマイニング事業に参加しているマイニングプール。
599$から出資が可能なため、個人でも比較的簡単にマイニングに参加することができる。
※ビットコイン以外のマイニングは1,000$~
ビットコインのマイニングがメインですが、ジーキャッシュやイーサリアム等、他の仮想通貨のマイニングにも参加が可能。
公式HP→ https://bitclubnetwork.com
詳細ページ⇒「ビットクラブ(BitClubNetwork)について詳しくはコチラ
●Genesis Mining ~ジェネシスマイニング~
クラウドマイニングを行っている中では評判も比較的良く、歴史もあり安定していることでも世界的に有名です。
買い方もクレジットカード払い、ビットコイン払いなどから選ぶことができます。
公式HP→https://www.genesis-mining.com/
詳細ページ⇒「ジェネシスマイニング(Genesis Mining)について詳しくはコチラ

ジーキャッシュ(Zcash)を手に入れたらウォレットで管理しよう

仮想通貨を管理するためには、ウォレットが必要です。
ウォレットには、お金を保管する為の「財布」の役割があります。
仮想通貨はたくさん種類があり、それぞれの通貨に合った財布が必要。
ジーキャッシュ(Zcash)を管理する為には、専用のウォレットが必要となります。
ウォレットの種類も様々ですので、自分の使い方にあったウォレットを選びましょう。

ハードウェアウォレットでおすすめのLedger Nano S!

ハードウェアウォレットでおすすめのLedger Nano S

おすすめの理由┃ハードウェアウォレットとして不動の人気あり

Ledger Nano Sは『ハードウォレット』なので、セキュリティ上かなり安全なタイプです。
ジーキャッシュ(Zcash)以外にも、数種類の仮想通貨を保管できます。
PCやタブレットに接続して使うタイプのデバイスなので、使用しないときは
インターネットに完全に繋がっていない状態で、安全な場所に保管できます。
デバイスが壊れてしまっても、設定時に書き留めた復元フレーズを用いて
手順通りにすれば、仮想通貨の保有データをすべて復元することができます。

PCやスマホなどデバイスを選ばない便利なJaxx

スマホなど様々なデバイスで使える便利なJaxx

おすすめの理由┃PCやスマホでいろんな通貨を保管できる

スマホアプリとしてのウォレットはたくさんありますが、複数の通貨を
管理できるスマホアプリは少ない中、Jaxxは9種類の通貨を管理可能。
もちろんジーキャッシュ(ZEC)も保管することができます。
※一部iOSでは管理できない仮想通貨もある。
スマホ以外にもWindows、Macなどの各PCにも対応しており、
GoogleChromeやFirefoxなどのブラウザでも管理できます。

ジーキャッシュ以外の匿名性を高めた仮想通貨

ビットコインの弱点を補う、匿名性を高めた仮想通貨が他にもあります。
これからその「匿名性」というキーワードが更に仮想通貨業界の進化を
高めていくのかもしれません。

モネロ(XMR)、ダッシュ(DASH)といった仮想通貨も「匿名性」を高めています。
詳しくは下記のページをご覧ください。

⇒「モネロ(Monero)は匿名性とセキュリティを高めた仮想通貨
⇒「ダッシュ(Dash)は、コインミキシングにより匿名性を保っている


仮想通貨ジーキャッシュ(ZEC)の基本データ

仮想通貨ジーキャッシュ(zcash)の特徴と将来性について
名前:Zcash(ジーキャッシュ)
通貨コード:ZEC
発行上限:2100万
承認時間:10分
コンセンサスアルゴリズム:Proof of Work
開発団体:Zcash Foundation