仮想通貨ファクトム(Factom)とは?その購入方法から将来性までを解説します!

仮想通貨ファクトム(FCT)┃あらゆるデータ・記録を安全に管理

ファクトム(Factom)は電子データや書類を管理する為の分散型プラットフォームです。
例えば、登記簿謄本や住民票といった証明書、機密文書といった書類を
中央機関が管理するのではなく、ブロックチェーン上に記録することで、
不正やデータの改ざんを防ぎ、安全に管理することができます。
「FACT(事実)」を証明するための仕組み、それがファクトムです。

ファクトム(Factom)の仕組み

仮想通貨ファクトム(FCT)┃あらゆるデータをビットコインのブロックチェーンに記録

ファクトム(Factom)は、分散型サーバに格納されたデータベースを
ビットコインのブロックチェーンに記録していくことで成り立っています。
この特徴を活用して、書類や記録などを保護することに利用されます。

ファクトムの利用料金は「Entry Credit」で支払われる

ファクトムを利用する人は、ファクトムのプラットフォーム内の仮想通貨
「Factoid(FCT)」を「Entry Credit」に交換し、支払いをします。
「Entry Credit」自体は、他の通貨との換金ができないもので、
サービスを利用する為だけに使います。

「Factoid(FCT)」をそのまま利用せず「Entry Credit」に変える理由は
ハッキングなどのリスクを低減するためです。
「Entry Credit」は他の通貨と交換できず、持っていても意味がありません。
わざわざ「Entry Credit」を不正に取得しようとする人は少なくなります。
もう一つの理由としては、利用料を一定に保つ目的もあります。
投機・投資という目的で「Factoid(FCT)」が売買されると
激しい価格変動が起こります。
こうした価格変動があっても、ファクトムを利用するタイミングで
「Entry Credit」を換金することで、利用料を一定に保つことができます。

ファクトムの将来性┃国家レベルで役立つ可能性がある!

ファクトムの大きな特徴は、様々な種類の電子データ、契約書などの記録や管理を、
第三者者機関無しにして証明することができることです。
今まで契約書などの機密データを管理するには、その管理とセキュリティに
莫大なコストをかけなければなりませんでした。
データの漏洩を防ぐためには第三者の協力が必要であり、
そこにコストがかかってしまうためです。
ファクトムの仕組みを使えば、そんな莫大なコストを削減することができるので、
企業だけではなく国家レベルで役立つ可能性もあります。

価格変動から見たファクトムの注目度

ファクトム(Factom)は現在じっくりと上昇している仮想通貨です。
2018年3月現在、仮想通貨ランキング(コインマーケットキャップ)では60位前後に位置しています。
2017年3月には400円程度だったものが、6月には4,000円台になるという記録的な上昇がありました。
高騰したあとは落ちましたが、またゆっくりと上昇し続けています。
米国住宅ローン市場向けに設計されたFactom Harmony(ファクトム・ハーモニー)が
本格的に採用され、注目度と将来性が高まりました。

ファクトム(Factom)が購入できるおすすめの取引所

ファクトム(FCT)を取り扱っている日本国内の取引所は、コインチェックのみ。
そのコインチェックは、2018年初頭にハッキング事件を起こしたため
現在はファクトム(FCT)の取引ができません。※2018年3月時点
その為、日本国内の取引所ではジーキャッシュを購入できません。

ファクトム(FCT)の購入は海外の取引所で

海外の取引所であれば、ファクトム(FCT)を購入することができます。
但し、基本的に日本円での入金ができませんので、まずは日本国内の取引所で
ビットコインを購入し、ビットコインを海外の取引所に送る必要があります。
まだ仮想通貨を持っていない方は、まず日本国内の取引所を開設しましょう。
⇒「日本国内の仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら

ビットコインがあれば、海外の仮想通貨取引所でファクトム(FCT)が買えます。
海外の仮想通貨取引所の中でもおすすめの取引所を紹介します。

●BITTREX  ~ビットレックス~ 
2014年に設立された取引所で、アメリカのBittrex.LLCによって運営されています。
アルトコインの取扱い種類が多く、その数は200種類以上で、日本人の口座開設数も増えてきています。
2段階認証とアカウントアップグレードで、1日最大100BTCの出金が可能になります。

仮想通貨取引所┃ビットレックス(Bittrex)

●CRYPTOPIA ~クリプトピア~
2014年に設立されニュージーランドの会社が運営しています。アルトコインの取扱量は500種類以上となっており、ほかの取引所が扱っていない公開直後の仮想通貨も購入できます。
その分、いわゆるscam coin(詐欺コイン)もあり、利用の際には注意が必要です。

仮想通貨取引所┃クリプトピア(CRYPTOPIA)

ファクトムを保管できるウォレットは?

現在、ファクトムを保管できるウォレットは少なく、ほぼないに等しいという現状です。
あったとしても設定などがかなり難しく、当然、日本語対応のものはありません。

この場合は、ファクトムを購入した取引所に保管しておくしかありません。
最低限できることとして、取引所の二段階設定は必ずしておきましょう。

プラットフォームとしての仕組みを持つファクトム(Factom)ですが、
プラットフォーム型の仮想通貨は他にも存在しています。

⇒「仮想通貨イーサリアムについて詳しくはコチラ
⇒「仮想通貨リスクについて詳しくはコチラ


仮想通貨ファクトム(FCT)の基本データ

名称:ファクトム(Factom)
コード:FCT(Factoid)
開発組織:Factomプロジェクトチーム
暗号化方式:ビットコインに依存
コンセンサスアルゴリズム:ビットコインに依存
承認目安時間:ビットコインに依存
上限発行量:上限なし