FISCO(フィスコ)の特徴と登録方法を解説!

FISCO(フィスコ)の特徴と登録方法を解説!
FISCO(フィスコ)の特徴と登録方法を解説!
FISCO(フィスコ)の特徴と登録方法を解説!

ビットフライヤーの取扱通貨一覧

仮想通貨取引所┃取扱い通貨数ビットコイン【販売】【トレード】ビットコインキャッシュ【トレード】モナーコイン【販売】【トレード】

仮想通貨の取引所┃FISCO(フィスコ)の概要

FISCO(フィスコ)は2016年に設立され、ジャスダックに上場している株式会社フィスコのグループ会社によって運営されている仮想通貨取引所です。

FISCO(フィスコ)の取引所は、同じく国内の取引所「Zaif(ザイフ)」と連携をしていて、一部のサービスはザイフと同様の機能を扱うことができる、珍しい取引所です。
2017年に金融庁に登録され、取扱い通貨に日本産の仮想通貨「モナコイン」など、6種類の銘柄を扱っています。自社発行のトークンを除けば、銘柄は3種で、ビットコインとモナコインの2種類がメインとなります。

販売とトレードの両方に対応しているのもビットコインとモナコインのみになり、その他はトレード取引の扱いとなっています。

特徴その1:ザイフと一部同じ機能が使える!

FISCOの特徴

FISCO取引所は、国内の取引所「Zaif」と連携しているため、ザイフで使える機能と同様のサービスがFISCOでも一部利用することができます。
そのため、すでにZaifに登録をしている方は、このFISCO取引所は仕様が似ているため、比較的早く操作や機能に慣れることができます。
口座開設や登録自体はそれぞれで行う必要があるので、注意が必要です。

特徴その2:日本産の仮想通貨「モナコイン」の取扱いがある!

FISCOの特徴

日本で生まれた仮想通貨と言われる「モナコイン」の取扱ができます。
主に「モナコイン」は、ゲーム内での利用や日本国内での取引を中心に利用されている仮想通貨で、日々国内で活発な動きを見せている仮想通貨です。

ビットコイン以外に日本産の仮想通貨にも興味があるなら、ここを登録して購入を検討してみるのも面白いでしょう。

特徴その3:フィスココインなどの「トークン」を扱っている

FISCOの特徴

FISCOは「トークン」と呼ばれる、ブロックチェーン技術を利用して作られた仮想通貨を利用することが出来ます。カウンターパーティと呼ばれるトークンがあり、これを利用することによって、独自に仮想通貨を発行することができる仕組みがあるためです。

FISCOで取扱ができる、「フィスココイン」「ネクスコイン」「カイカコイン」と呼ばれる独自に作り出した仮想通貨のトークンを売買することで、株式のように仮想通貨を運用することができます。
FISCOでは、これらのトークンを取引することができます。

FISCOのメリット

  • 一部の機能がZaifと共通している
  • 日本発の仮想通貨「モナコイン」が使える
  • FISCOのトークンが取引できる
  • 取扱いがある仮想通貨が多い

FISCOのデメリット

  • 出金・送金に手数料がかかる
  • ビットコインだけを取引するには物足りない
  • トークンを除くと銘柄はそこまで多くない

FISCO(フィスコ)はこんな方におすすめ!

国内の取引所の中で余り名前を聞かなかった方も多いかもしれない取引所ですが、大手取引所との連携や、レベルの高いセキュリティ管理、大元の企業ではマーケティング、支援事業などの多くの展開をしている上場企業なので、信頼できる取引所と言えます。

FISCOが発行のトークンの銘柄を除けば、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインと3種類の取扱いとなるので、少し物足りないと感じるかもしれません。ただ、モナコインの運用を考えている場合なら、登録がオススメの取引所です。
高機能のチャートも用意されているので、レバレッジやFX取引にももちろん使用できます。

みんなのBitcoinの基本情報

取引所名FISCO(フィスコ)設立平成2016年4月12日
取引種類現物取引
レバレッジ取引
取引手数料0%~0.3%
出金手数料 日本円:350~756 円
BTC:0.0005
MONA:0.001
その他:0.001~0.0008
入金方法 銀行入金
通貨ペア日本円/BTC 他運営会社株式会社フィスコ仮想通貨取引所
CEO:越智直樹

FISCO(フィスコ)の口座開設方法と手順

FISCOの口座を開設する手順を見ていきましょう!

メールアドレスで口座開設の仮登録する。

①FISCOのTOPページから「無料登録はコチラ」をクリックして新規登録を始めます。

FISCO登録方法

②メールアドレスを登録します。
ロボット対策にチェックを入れて、「登録」を押します。

FISCO登録方法

③入力したメールボックスに仮登録のメールが届くので、メール本文のリンクをクリックします。

FISCO登録方法

④リンクから飛んだ画面から、パスワードを決定します。
同意して登録します。

FISCO登録方法

基本情報(個人情報)の登録をする

上記の同意して登録したら、基本情報の入力をしていきましょう。
マイページ画面の中央部の「基本情報の入力」します。

FISCO登録方法

①必要な個人情報などを入力していきます。
上から順番に入力していきますが、口座種類「個人」「法人」をチェックが上部にあるので、見逃さないようにしましょう。

FISCO登録方法

【個人情報の入力項目】
氏名、住所、生年月日、性別、電話番号

FISCO登録方法

【確認項目】
使用言語、職業、取引目的、
外国PEPs(外国の重要公人及びその親族でないことの確認)。

全ての情報が入力できたら「変更」を押します。
これで、基本情報の入力は完了です。次は、取引が行えるように本人確認書類の提出をしましょう。

本人確認書類を提出する

FISCO登録方法

マイページに戻るか、基本情報のタブをクリックして「本人確認書類」を選択して、
書類の提出を行います。
本人確認で有効な書類は以下の通りです。

FISCO登録方法

【本人確認書類(顔写真付き)】
運転免許証
住民基本台帳カード
在留カード
マイナンバーカード
パスポート+公的証明書(保険証、住民票など)

【本人確認書類(顔写真なし)】
※顔写真のない証明書を使用する場合は「2種類提出」する必要があります。
各種健康保険証+公共料金の明細書(電気・ガス・水道料金、固定電話など)

2段階認証の設定方法

最後に「2段階認証」の設定も行っておきましょう。
2段階認証に対応したアプリは色々ありますが、多くの国内取引所で使用されている「Google Authenticator」を例にして、登録方法を見ていきます。
異なるアプリでも基本的にやることは共通です。
FISCOの画面からもアプリのダウンロードができるので、スマホにダウンロードしておきましょう。

FISCO登録方法

アプリを起動して、画面上のQRコードを読み取ります。
アプリ内に表示される認証コードを下部の入力枠内に打ち込みます。
30秒で数字は切り替わってしまうので、落ち着いて入力しましょう。

FISCO登録方法

2段階認証の設定が完了したら、以降重要な操作や取引時に2段階認証をしたスマートフォンが必要になるので、注意しましょう。