BTCBOX(BTCボックス)の特徴と登録方法を解説!

BTCBOX(BTCボックス)の特徴と登録方法を解説!
国内の仮想通貨取引所┃BTC BOX~ビーティーシーボックス~の詳細情報
国内の仮想通貨取引所┃BTC BOX~ビーティーシーボックス~の詳細情報

ビットフライヤーの取扱通貨一覧

ビットコイン【トレード】ビットコインキャッシュ【トレード】イーサリアム【トレード】ライトコイン【トレード】

BTCBOX(BTCボックス)は、2014年に設立されたBTCボックス株式会社が運営する仮想通貨の取引所です。取扱いがある仮想通貨は4種類とやや少なめ。

販売形式の取引はなくトレード取引のみを扱っており、日本国内の中でも古い立ち位置の取引所になります。2017年には金融庁に登録され、2段階認証や徹底した資産管理体制など、セキュリティ面にも力を入れています。

BTCBOXの最大の特徴は、「仮想通貨融資」というBTCBOX取引所からビットコインを借り入れて、取引に参加することができるサービスがあります(レバレッジ取引)。
このサービスによって、元での資産が少ない状態でも、取引に参加がしやすくなるというメリットがあります。

特徴その1:ビットコインの借り入れができる「仮想通貨融資」

BTCBOX特徴

BTCBOXの特徴ともいえるサービスに「仮想通貨融資」があります。
これは、ビットコインを取引所から借り入れをすることで、元での資産が少ない状態でも、取引に参加できるという仕組みです。仮想通貨に限らずトレードに詳しい方なら、「レバレッジ取引」「信用取引」と思い当たることと思います。

利用前に必ず手数料、ルールを確認する

利用には条件やルールがあり、「取引所に1万円以上の預け入れ資産がある」ということが最低条件です。
さらに注意したいのは、「借り入れ」の形をとっているためレンタル料、いわゆる手数料がかかります。この手数料は「1.0%」とかなり割高になっているので、借りられるからと言って後先考えずに借りてしまうのはリスク高いということに気をつけておく必要がありまそうです。

特徴その2:トレード取引だけなので、「アービトラージ」に使いやすい!

BTCBOX特徴

トレード取引を複数の取引所で行うメリットは「アービトラージ(裁定取引)」で利益を出そうと考えている方が多いと思います。
「アービトラージ」とは、いわゆる差額利益を得るために安い取引所で仮想通貨を買い、高く売れるところで売る、という取引所をまたいで売買取引をすることです。

取引所の流動性を敏感に察知し、売り買いのタイミングが重要になるので、トレード取引ができる取引所は、複数登録しておいて動きを見ておくというの利益を上げる上では有効な選択の一つになります。

特徴その3:最高水準のセキュリティ体制!サポート手段も充実

BTCBOX特徴

取引所の仮想通貨流出問題で、取引所のセキュリティについてユーザーは非常に敏感になっています。BTCBOXのセキュリティには「2段階認証」「SSL化」「コールドウォレット保管」などの、高い水準のセキュリティ対策が行われています。
とはいえ、持っている仮想通貨の全てを取引所のウォレットに預けておくことは推奨できないので、取引に使用する量だけ預けておきましょう。

BTCBOXのメリット

  • 「仮想通貨融資」の独自サービスがある!
  • ビットコインの現物取引手数料が無料!
  • アービトラージ(裁定取引)に使いやすい!
  • 高いセキュリティとLINEサポートが手軽!

BTCBOXのデメリット

  • 取扱いしている仮想通貨が少ない
  • 利用者が少ないため取引成約が遅い
  • 出金には手数料がかかる
  • 「仮想通貨融資」の手数料が割高

BTCBOXはこんな方におすすめ!

BTCBOXは日本国内の取引所の中でも、比較的仮想通貨が流行りはじめる前からある取引所です。

金融庁の許可も得ており、高いセキュリティ水準も持っていますが、トレードのみの扱いと、仮想通貨の銘柄が少ないという点では、メインで動かす取引所には据えにくい状況になっているというのが現状です。

ある程度仮想通貨や取引所の仕組みに慣れてきて、複数の取引所に登録したい、アービトラージなどでより利益を求めたいという場合の、選択肢にオススメできます。
ビットコインを借り入れできる「仮想通貨融資」のサービスがありますが、手数料の高さやリターンが想像できない状態のときは、通常の取引から慣れていくことがオススメです。

BTCBOXの基本情報

取引所名BTCBOX
(ビットボックス)
設立2014年3月6日
取引種類現物取引
レバレッジ取引
取引手数料0.05~0.10%
出金手数料 日本円:400~750 円
BTC/ETH/BCH:0.001
LTC:0.002
入金方法 銀行入金
通貨ペア日本円/BTC/ 他運営会社BTCボックス株式会社
CEO:David Zhan

BTCBOXの口座開設方法と手順

BTCBOXの口座を開設する手順を見ていきましょう!

メールアドレスで口座開設の仮登録する。

①BTCBOXのTOP画面の右側に入力欄がありますが、新規登録の場合は右上の「新規登録」のリンクをクリックして、登録を始めます。

bitbox登録方法

②メールアドレスを入力、パスワードを設定します。
ロボット対策に右横の絵に隠れている英数字を入力します。見えにくい場合は、再読込すれば画像が変更されます。
入力できたら。利用規約の同意にチェックを入れて、緑のボタンを押します。

bitbox登録方法

③入力したメールアドレスに、登録確認メールが送られます。
メールを開いて、本文中にある「アクティブにする」のリンクをクリックします。

bitbox登録方法

④メール内のリンクが確認できれば、電話番号を登録します。
この番号に、認証用のコードが届きます。認証コードを画面に入力して「次へ」を押します。

bitbox登録方法

個人情報の入力と本人確認書類を提出して本登録

⑤登録に必要な個人情報を入力していきます。
ここで、入出金に使用する金融機関の情報も入力が必要です。
上部のタブで、口座の種類を選択できます。見逃しやすいので注意しましょう。

bitbox登録方法

【個人情報の入力項目】
氏名、住所、生年月日、性別、電話番号
外国の重要公人及びその親族でないので「いいえ」にチェック。

bitbox登録方法

【入手金に使用する金融機関】
金融機関名、本店・支店、口座種類、
口座番号(7桁未満の場合は、先頭に「0」を入れます)、口座名義(全角カタカナ)

⑥就業中の職業情報と、取引目的を選択します。
サービスの利用規約に同意するチェックボックスに印を入れます。
全ての項目が入力できたら「次へ」をクリックします。

本人確認書類を提出する

次の画面で本人確認書類を提出します。
画面のアップロードをクリックして、証明書を撮った画像を送りましょう。
一般的に対象になるのは以下の書類です。

bitbox登録方法

【本人確認書類(顔写真付き)】
運転免許証
住民基本台帳カード
パスポート
在留カード
特別永住者証明書

【本人確認書類(顔写真なし)】
※顔写真のない証明書を使用する場合は「2種類提出」する必要があります。
各種健康保険証
住民票の写し
印鑑登録証明書

本人確認書類の提出が終われば、入力した住所宛てに「簡易書留ハガキ」が届きます。
そこに、口座開設の本登録について必要な情報が掲載されているので、届くのを待ちましょう。申請から通常数日以内に到着予定です。

2段階認証の設定方法

サイトにログインできるようになったら、「2段階認証」の設定も行っておきましょう。
設定には、スマートフォンと2段階認証専用のアプリ「Google Authenticator」が必要になります。できれば事前に準備しておきましょう。

bitbox登録方法

アプリを起動して、画面上のQRコードを読み取ります。
アプリ内に認証コードが表示されるので、その下の入力枠内に打ち込んでいきましょう。
30秒で数字は切り替わってしまうので、落ち着いて入力しましょう。

bitbox登録方法

2段階認証の設定が完了したら、以降重要な操作や取引時に2段階認証をしたスマートフォンが必要になるので、注意しましょう。