リップル(XRP)をウォレットで保管しよう!おすすめ4選を紹介

リップルウォレットおすすめベスト4を紹介

リップル(XRP)に限らず仮想通貨を保管する場合は、ウォレットとよばれる電子財布が必要です。
基本的には、それぞれの仮想通貨専用のウォレットを使うことが多いですが、中には数種類の仮想通貨を保管できるものもあります。
リップル(XRP)を保管する場合は、リップル専用のウォレット、もしくはリップル(XRP)に対応したウォレットを準備しましょう。

⇒「リップルの特徴について詳しくはこちら

ウォレットとは?リップルなど仮想通貨を保管するための電子財布

そもそもウォレットとはなんでしょうか?
リップル(XRP)をはじめとした、仮想通貨を保管するための電子財布です。
いくつかあるウォレットサービスを選び、ウェブ上で口座登録をしたり、
パソコンやスマホにソフトをインストールすることで保管することができます。
またUSBなどで接続する端末タイプの「ハードウェアウォレット」などがあります。
入手した仮想通貨をウォレットに送金することで管理できます。

セキュリティと利便性をよく考えよう

「ウォレット」と一言に言っても、その種類は様々。
セキュリティーが高いと言われているハードウェアウォレットや、
どこにいても、どの端末からもアクセスできるウェブウォレットなど。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、ご自身の使い方や
考え方に応じて、必要な種類を選びましょう。
⇒「ウォレットの種類について詳しくはこちら

まだ、リップル(XRP)を持っていない方は取引所で購入してみましょう!

リップル(XRP)のウォレットは何を使う?おすすめ4選を紹介!

リップルを保管できるウォレットをいくつか紹介してきましょう。
使う人によって、操作感などに好みがあると思います。
ほとんどのウォレットは無料で使えるものが多いので、一度、
インストール、もしくはアカウントを作成してみても良いと思います。
ですが、もっとも安全にリップルを保管したいならハードウォレットがおすすめ!

Ledger Nano S┃リップル対応のハードウェアウォレット

仮想通貨リップル(XRP)のおすすめウォレット┃ハードウェアウォレットのLedgerNanoS
Ledger Nano S は様々な仮想通貨に対応している【ハードウェアウォレット】
リップル(XRP)対応のハードウェアウォレットなら、迷わずコレがおすすめ。
大切な資産を完全オフラインの状態で保管できるので、セキュリティ面で考えると
ハードウォレットはいずれは一つ必要になってくると思います。
リップル以外にも、ビットコインはもちろんのこと、ダッシュ、Zキャッシュ、
ライトコイン、ネオなど様々な通貨に対応。
加えて、イーサリアムとイーサリアムクラシックが直接保管できるという理由で
とても人気のあるハードウェアウォレットです。

ハードウェアウォレットの購入時に注意するポイント!
ハードウェアウォレットはamazonやオークションサイトでも販売されていますが、販売元がはっきりしないところからの購入は避けましょう。
一度開封し悪意のあるソフトをインストールしてから販売されているということが実際に起こっていますので、信頼できる販売元からの購入をおすすめします。
ハードウォレットの公式ページか正規代理店から購入するようにしましょう。
公式ページは英語のみの場合が多く、日本の正規代理店からの購入をおすすめします。正規代理店から購入すると初心者の方でも操作方法などのサポートが受けられるというメリットがあります。
【Ledger 公式ページ】https://www.ledgerwallet.com/
【日本正規代理店ページ】https://hardwarewallet-japan.com/

Gatehub(ゲートハブ)┃人気のウェブウォレット

Gatehub(ゲートハブ)┃人気のウェブウォレット
リップルを保管するウォレットとして「Gate hub」を紹介します。
ウォレットの種類としては【ウェブウォレット】になります。

Gatehubは取引所でもありますが、秘密鍵(シークレットキー)で
管理することができるウェブウォレットでもあります。
リップルウォレット提供が終了となった際、移行先としてGateHubが
紹介されたこともあり、信用のおけるウォレットサービスとなっています。
日本語対応はしておらず、すべて英語表記となりますが、
比較的簡単にウォレットの作成が可能です。

Toast Wallet!(トーストウォレット)┃iOSも対応モバイルウォレット

ToastWalletはリップル専用のモバイルウォレット

リップルの場合、ウェブウォレットが多く、セキュリティ上心配な面がありましたが
オフライン環境で保管ができる【モバイルウォレット】が生まれました!
それが、このToast Wallet!(トーストウォレット)になります。
最初はアンドロイド向けのアプリだけでしたが、2017年8月にAppleにより承認され
iOS向けのアプリが使えるようになりました。
圧倒的に海外でのユーザーが多く、日本語には対応していませんが、
操作性としては簡単で、慣れてしまえば使いこなすことができるでしょう。

Ripple Paper Wallet Generator┃ペーパーウォレット

リップル専用のペーパーウォレット

Ripple Paper Wallet Generatorはリップル専用の【ペーパーウォレット】です。
下記のリンクから「Generate Now」というところをクリックすると、
リップルアドレスと秘密鍵を作成することができます。
秘密鍵はもちろん誰にも見られないように保管してくださいね!
「Print」をクリックし印刷しておけば、ハッキングなどのリスクのない
ウォレットが作れます。ただ燃やしたり、無くしたりしないように。

作ったアドレスに送ったリップルの送金確認や、残高を確認したいときは
GitHubのRipple Walletで、アドレスを検索すればOK。
一点注意点があるとすれば、引き出しをする時に、最低でも20XRPを残す
必要があるので、覚えておきましょう。

まとめ┃仮想通貨の保管にはハードウォレットがおすすめ!

いくつかリップル(XRP)が保管できるウォレットを紹介しましたが、やはり一番のおすすめはハードウォレットです。
仮想通貨を保管する上で最もリスクとなるのは、外部からのアクセスによる不正送金です。
ウェブウォレットや取引所のウォレットを利用する場合は、仮想通貨を操作する為の情報をすべてウェブ上に保管していることになります。
いかにセキュリティが強いと言っても、不特定多数の仮想通貨の情報が集まる所には、ハッカーも集まります。
その分リスクは高いと言えるでしょう。

⇒「ウォレットの種類によるセキュリティと利便性の違いはこちら

ローカル(PC・スマホ)ウォレットの場合、個人のPCやスマホに対するハッキングリスクは全くないわけではありませんが、ウェブウォレットや取引所のウォレットよりはリスクが低いと言えます。
ですが、最近のインターネット環境は非常に便利で、PCやスマホも常時インターネットに接続している場合が多いということは認識しておく必要があるでしょう。

その為、ウォレットを保管する上で最もおすすめのものはハードウォレットとなります。
保管時は完全にローカル環境(インターネットに接続していない環境)で管理することができ、送金などの操作時のみインターネットに接続するので、リスクは低いと言えるでしょう。
ハードウォレットは安い買い物ではありません(10,000円~20,000円程度)が、大切な資産がなくなってしまうリスクを取るよりはお得だと言えますね。

どんなウォレットで仮想通貨を保管するにしても、ウォレットを復元する為のキーフレーズ等を盗まれたり、失くしてしまうと意味がありませんので、ハードウォレットと言えどもデータの管理に関しては十分に注意を払ってくださいね。

⇒「リップル(XRP)が保管できるハードウォレット┃Ledger Nano Sの使い方はこちら

リップル(XRP)を入手するには?

将来的にもその利用価値が期待できるリップル(XRP)を入手したい場合、
リップル(XRP)が購入できる取引所に口座を開設する必要があります。
ただ、リップル(XRP)を取り扱う取引所は比較的少ないので注意が必要です。

リップル(XRP)をお得に購入できるおすすめの取引所

●bitbank ~ビットバンク~
最大の特徴は取り扱い通貨をすべて「取引形式」で購入できるので、他の取引所よりも安く買える可能性が高くなります。
こういった特徴があるがゆえに、仮想通貨に慣れてきた方、中級者以上の方が多い印象。

国内のおすすめ仮想通貨取引所┃ビットバンク(Bitbank)
●DMM Bitcoin ~DMMビットコイン~ 
国内の取引所の中では、取扱い通貨が豊富なのが特徴。
送金手数料や取引手数料など様々な手数料が無料でお得な取引が可能。
土日を含め24時間365日、問い合わせフォームとLINEによる対応がありサポート体制もかなり充実している。

国内のおすすめ仮想通貨取引所┃DMM Bitcoin

仮想通貨を購入できる取引所は他にもたくさんあります。
仮想通貨の取引所選びに悩んでいる方も多いのでは?
取引所を選ぶ上で大事な6つのポイントで比較・検証した
『国内の仮想通貨取引所のおすすめランキング』を参考になさってください。